庵野秀明さんの偏食 肉・魚はダメ

katakuchiiwashi

アニメーターで映画監督の庵野秀明さんは、ものすごい偏食で、肉や魚は食べないのだそうです。
 
なんでも、しゃべる魚が出てくるアニメを見てから食べなくなったそうで、体質的に受け付けないというより、精神的なものが影響しています。
 

といっても、「動物系」のものが全てダメかというと、そうではありません。
 
「自分が肉の仲間だと気づかなかったものは平気」なようで、肉や魚はダメですが、卵はOKなのです。
 
とんこつラーメンはチャーシューさえ抜けば大好物で、むしろ食べると元気になるのだとか。とんこつラーメンの匂いをかぐと本当に美味しそうに感じるそうです。
 
焼肉屋の匂いも好きで、食欲が湧きますが、焼肉は食べられません。
 
雑誌週刊文春2014年11月6日号162ページ「ジブリ見習い日記ときどきニコ動」川上量生を参考にしました。
 

コメントを残す