myimage-nomalドラクエ11、楽しくやってます。めちゃくちゃ面白いです^^
 
ハマるRPGを始めると、生活リズムが乱れがちになるのが玉にキズですが。
 
さすがにハードの性能が上がると、グラフィックが進化するだけでなく、作品のボリュームもとんでもなく増えますね。やりこみ要素も多そうですし。

急がずやってるので、あと数年は遊べそうです。
 
さて、メルマガ「最下段の雑学」の再掲です。
 
かなり古い情報もあるので、その後更新された内容や事実誤認などありましたから、コメントで指摘をお願いいたします。
 
まだまだ暑いのに、暖房器具や冬の話です。

加湿目的のやかんに一工夫

最近の暖房器具は、ファンヒーターなど電化製品が多いようですが、寒さの厳しい地域では灯油ストーブもバリバリ現役のようです。
 
灯油ストーブを使う際は、上に水を入れたやかんや鍋を置いて加湿器代わりにするのはセオリー(?)です。私の実家でもやってました。
 
入れるのはただの水でもいいのですが、ちょっとした工夫もできます。
 
この水に酢を少量加えると酢の成分が混じった蒸気が立ちこめるので、殺菌作用によりノドの保護に役立つのです。
 
普通の水で加湿するだけでも風邪予防に効果的ですが、風邪がすごく流行していたり、家族の誰かが風邪をひいている時などは、酢を入れてみてはいかがでしょうか。
 
ちなみに、うがいをするときも水に酢を加えると効果がアップします。

肥満と複合するとリスク大幅アップ

内臓脂肪型肥満の人が、
 
1 高脂血症
2 高血圧
3 高血糖
 
の3つのうち、どれかひとつだけ危険因子を持つ場合、心筋梗塞および狭心症を発症するリスクは何も無い人の5倍になります。
 
しかし、1~3全ての危険因子をもってしまうと、その危険度は36倍にまではね上がってしまいます。

旦那さんに禁煙してもらうには

05年11月下旬、日本経済新聞社が20~60代の既婚者を対象に「2006年に直して欲しいこと」をテーマに調査を行いました。
 
その結果「妻から夫への希望」の第1位は「タバコをやめて欲しい」でした。
 
具体的に禁煙させる方法としては、
 
「妊娠時や家族の健康を訴える」
「息子や娘に『禁煙して』と言わせる」
 
といったものがあり、中には
 
「肺がんを患った親族のことを何度も思い出させて恐怖心をあおる」
 
という強烈なものもありました。
 
ちなみに10位には「健康のために休養をとって」があり、「夫から妻への希望」の10位は「太ると言いながら食べるのをやめて」でした・・・(-_-:

動物によって違う冬眠形態

一部の動物は寒くなると冬眠に入ります。
 
冬眠と一言で言っても、ヘビやカエルなどのは虫類・両生類とクマなど哺乳類の冬眠ではかなり意味合いが違います。
 
カエルなどの場合は「仮死」状態なので、土の中から掘り出しても動きませんし、意識もありません。
 
クマの場合は長い「昼寝」のようなもので、寝返りも打ちますし、のどが渇いたら穴から出て川の水を飲んだりもします。