雑学集 においの脳への影響や岩盤浴の注意点

私のメルマガ「健康への試行錯誤」の「最下段の雑学」を再掲致します。
 
2006年の記事なので、現時点ではかなり古い情報になっています。
 
情報の変化がありましたらコメントで指摘をお願いいたします。
 

「健康への試行錯誤」102号「最下段の雑学」から

汗やタバコの臭いは頭を悪くする?

家庭消費財メーカーのP&Gによると、汗の臭いは記憶力を低下させ、タバコの臭いは集中力を低下させるそうです。
 
脳波測定や視覚刺激テストの結果からわかりました。
 
服に染み付いた汗やタバコの臭いは自分ではあまり感じなくなりますが、無意識に吸っていると記憶力・集中力ともに低下するのだとか。
 
これに対して洗いたての服のいい香りは頭の回転を速くします。
 
 
ちなみに、風呂の残り湯は一晩で10万個の菌が繁殖するそうです。
 
洗濯物を洗う時に使用するには問題ありませんが、すすぎには水道水を使うのが良いでしょう。

岩盤浴の注意点!

大流行した一時期ほどではありませんが、岩盤浴は根強い人気があるようです。
 
私のメルマガでも効果などをとりあげたことがあります。
 
このコンテンツでは、注意点をずらっと挙げてみます。
 
 
まず、岩盤浴は汗が大量に出ます。石の上に汗が流れたままになるので、掃除など衛生面がきちんとしている施設を選びましょう。
 
 
岩盤の種類による効果の違いはあまりないようですが、浴室内の湿度は50~80%と、施設によってかなり差があるようです。
 
 
湿度が高いと汗が多くでるわけですが、汗が蒸発しにくくなるので体温が上がりすぎて気分が悪くなることがあります。
 
岩盤浴初心者、あるいは高い湿度が苦手なら低めに設定した施設を選びましょう。
 
 
また、岩盤浴は体力を非常に消耗します。筋トレなどの運動直後に利用すると疲労が重なりすぎて逆効果です。
 
 
国民生活センターには低温やけどや、浴室で足を滑らせて転倒し、肋骨を折ったという報告が寄せられています。
 
浴室でうっかりうたた寝をすると、岩の上に敷いたタオルから体の一部がはみ出ることがあります。
 
すると熱い岩に直接、長時間肌が触れるため、低温やけどを起こしてしまいます。
 
 
あとは水分を十分に補給する、妊娠・生理中・飲酒後は避けるといった注意点もあります。
 
 

コメントを残す