myimage-nomal06年10/15日、またも中堤へフローターで出撃した。
 
前回、スピナベでかなりいい感じだったので、今回もクリスタルSの1/2ozを投げまくろうとかなり気合を入れていた。
 
しかし・・・

結論から言うと、大ホゲ。(´Д`)
 
釣り始めてすぐ、スロープ周辺でクリスタルSにいかにもそれらしいアタリがあったのが間違いの始まりだった。
 
「やっぱりこういうニゴリの強い日はスピナベだぜ!」と変に確信が強まってしまい、結局それをゴリ押ししてしまった。
 
結果、クリスタルSでは1バラシのみ。Dゾーンでもダメ。一時はパーフェクトボーズを覚悟した。
 
おかっぱりでライトリグを投げている人はパラパラ釣っている(小さかったけど)。しかし私はベイトしか持っていなかった。スピナベ、クランク、ラバジ(トレーラーはなんとビッグダディ)の3本。
 
前回良かったところを中心に根性で投げまくるが、釣れないものは釣れない。
 
そうこうしているうちに時間だけが過ぎる。日も傾き始め、おかっぱりの人たちが「今日は意外と釣れますねー」なんて言ってるのが聞こえる。
 
私はボーズ。
 
半死半生の精神状態で、もうあきらめて帰ろうかというとき、半分ヤケになってブザーピーターのイマカツシークレットカラーを投げてみた。
 
ブザービーター イマカツシークレットカラー
 
5投目くらいで途中から巻きスピードを少し速めてみたら、いきなりアタリ!
 
「バレないでくれぇぇ~」と懇願しながら寄せてみると、運命のリヤフック一本がかり。いつバレてもおかしくない。
 
するとバスが「バシャン!」と少しだけジャンプ。
 
バレたかな?と一瞬キモが冷えたが、なんとそのはずみでフロントフックまでかかり、偶然「デスロック」状態に。
 
逃がしてなるかと、なんとバスをフローターの中へランディング。30cmくらいのやつをようやくゲット。たぶん、目には涙がすこし浮かんでいたと思う。
 
 
今日はライトリグが正解だったのか?
 
そういえば、今江さんの「トップシークレット」にも、「ターンで濁ったらライトリグのものすごくスローな釣りが必要になるときもある」ということが書いてあったなぁ。
 
要は臨機応変ということか。
 
次回はいったい何を投げるのだろうか。