myimage-nomal07年の5月6日(日)雨の中フローターで中堤に出撃した。
 
ゴールデンウィークの最終日、ようやく時間ができた。
 
ここしばらく釣りに行っていなかったので、雨は降っていたもののかなりウキウキだった。

11時ごろに着き、昼過ぎごろまでに4匹釣れた。
しかし、サイズはいずれも30cm以下。
 
ルアーはパワーホグ4インチのCamo(←カモ?ブラウンのやつ)カラー
 
「ホットケ」気味にしばらく置いといたらアタリが続いた。
 
4匹ほとんどたてつづけに釣れたのだが、実はこの後アタリもカスリも無くなってしまった。
 
雨はほぼ一日中降り続き、水も下の萩尾にあふれ出していた。
 
上からの濁った水が入ってきていたので、ニゴリをもっと考えて釣りをすれば良かったのか?シャローとか、流れの当たらない面とか、障害物の中など。
 
 
春の終わりから夏まで中堤は突然釣れなくなる。
 
というか、春の間デカいスピナベなどで釣れていても(今年は釣れていないが…)、5月ごろからは全くといっていいほど沈黙する。
 
昨年の釣り日記を読んでみると、圧倒的にライトリグで釣っている。
 
4インチカットテール、レディーフィッシュ、コンポジットツイン
 
など。
でも、このやり方だとサイズは30cmどまりなんだよな・・・。
 
5月ごろから40アップをコンスタントに釣れるようになればだいぶ上達したことになると思うのだが。