myimage-nomal昨日(2011 5/17 火)中堤にフローターを出した。
 
フィールド状況はこんな感じだった。

天候:一日中バリバリの晴れ
月齢:13.8 満月 中潮
水位:満水まであと1.5mくらい

今回の個人的なテーマのひとつは、先日のエントリーで書いたように、
 
・フラッピンソニック(以下フラソニ)でバラさないカラーを探す
 
である。
それで肝心の釣果は、サイズはイマイチだったが、フラソニだけで5匹匹釣った。
 
ネコリグやテキサスなど、他のリグも使ったのだが、今回のエントリーではフラソニについて書いてみる。
 
メタルバイブ四つ
 
最初は、いつものシルバー系(ハス)をリフト&フォールで使っていた。
 
すると、早速ヒット!
しかし、ファイト中に「なんかヤバそう」な予感。
 
バレそうな時は、バスにかかっているルアーが、ガクンガクンとやたら動いてる感覚があるのだ。
 
手元まで寄せてみると、予感違わず、超際どいテールフック1本掛かり。しかもバスの頬っぺたあたりに皮一枚。
 
「コレはマズい!」と思う間もなく、バスが反転した瞬間あっさりバレてしまった・・・
 
都合良く(?)バレたので、早速カラーを替えることにした。
 
といってもルアーのストックがそれほどあるわけでもなく、選択肢はゴールド(ウグイ)か、スプリングブロッサム(ホワイト&ピンク)しかない。
 
ゴールドはよく使うからな、ということで、今回はスプリングブロッサムを選ぶ。もはや「スプリング」ではないけど。
 
実は、この色はこの日が初投入。ルアーでもカラーでも、初めて使う時は「釣れるかな・・・」と不安になるもの。
 
今回も、使い始めてしばらくはアタリも無く、「やっぱりシルバーに戻そうかな?」と心細かった。
 
しかし!
しばらくして無事にヒット!
アクションはいつものリフト&フォール。
 
しかも、ファイト中にガクンガクンくる、あの「嫌な予感」がしない。
 
それでもバラしたくないので、フローター際まで寄せたバスを、なかば強引にワシ掴み!
 
30cmちょっとの、まぁまぁバス。でも、よく引いた気がする。
 
肝心のフッキングは、口にちゃんとかかっていた。なかなか安心感がある。
 
その後4匹を釣って、いずれも良いフッキングだった。よほどのヘタをしない限り、まずバラさないだろう、という掛かり方。
 
フロントかリアのフックいずれかが、ちゃんと口に刺さっているのだ。「そう言えば、フラソニでバラさない時はいつもこんな感じだったな」と思い出した。
 
結論として、フラソニのカラー替えは効果があった、と言えると思う。
 
スプリングブロッサムのホワイトがかなり強い色なので、バスにはっきり見えたのかな、なんてことも考えてみた。
 
動きの速いルアーなので、視認性が高くないとミスバイトが増えるのではないか。
 
ちなみに、今回の中堤は透明度が高かった。クリアとは言えないが、偏光グラスをかければ3メートルくらい?の底は見えていた。
 
次回の釣行でも、カラーを意識してみよう。