myimage-nomal私のメルマガ「健康への試行錯誤」の「最下段の雑学」を再掲致します。
 
2006年の記事なので、現時点ではかなり古い情報になっています。

情報の変化がありましたらコメントで指摘をお願いいたします。

お酢でしゃっくりを止める

お酢って、しゃっくりを止める作用があるんですね。
 
ネット上には「おちょこ一杯分を原液のまま一気に飲むと良い」との情報が。
 
おおむね良く効くようですが、何度もやると効かなくなってくるという話もあります。

飛行機の機長と副機長の機内食メニュー

飛行機の機内食のメニューは、機長と副機長では全く別のものを食べます。
 
「献立が違う」だけでなく、それぞれに使われる素材も原則として違うものを選んであるのです。
 
機長と副機長のどちらかが食中毒やアレルギー反応などで体調を崩しても操縦を続けられるようにするためです。

米ナスの「米」とは

丸くてコロコロしたナス、「米なす」の「米」って、アメリカの意味です。
 
アメリカ原産のなすを日本で改良したのでこの名前があります。

野菜もお酒も芸術がわかる?

野菜にモーツァルトを聞かせるとおいしくなるという話がありますよね。
 
福島県喜多方市の「小原酒造」では、タンクで発酵させる際に約30日間モーツァルトを聴かせています。
 
 
音楽で酵母が強くなり、良質のアルコールができるそうです。
 
仕込みが終わる日の酵母の死減率は、普通のもろみが4.6%に対し、モーツアルトを聴かせると3.3%に下がるという結果が出ています。

「徹子の部屋」を始める条件

黒柳徹子さんは「徹子の部屋」を始めるにあたって、番組を長く続けるためにある条件をテレビ局に出したそうです。
 
 
その条件とは次の2つです。
 
ひとつめ。
番組の質を保つためスタッフを変えないこと。
 
何十年も全て同じスタッフというわけにはさすがにいきませんが、入れ替えは極めて少なく、20年以上かかわっているスタッフもいるとか。
 
 
ふたつめ。
編集をしないこと。
 
「ゲストは黒柳さんを信頼して素顔を見せてくれるので、その意図や雰囲気をそのまま伝えるのが一番」という考えからです。
 
生放送とほとんど同じといえるわけで、編集で面白いところだけをつなげるいまどきのバラエティ番組とは一線を画しています。

皇族に伝わる乳酸菌飲料

日本の天皇家には代々伝わる「カルグルト」と呼ばれる乳酸菌飲料があります。
 
これは基本的に皇族しか口にできない飲料ですが、ご学友などでは飲んだことのある人もいるようです。