myimage-nomal私のメルマガ「健康への試行錯誤」の「最下段の雑学」を再掲致します。
 
2006年の記事なので、現時点ではかなり古い情報になっています。

情報の変化がありましたらコメントで指摘をお願いいたします。

アメリカの健康食品検証機関「コンシューマー・ラボ」日本上陸

「コンシューマー・ラボ(以下勝手にCLと略」は1999年、アメリカで創業してから約1500におよぶ健康食品の品質を検証した会社です。
 
そのCLが05年5月日本に進出し、アメリカと同様に日本の健康食品の検証を始めたのです。
 
流通量が多く、人気の高い製品を消費者と同じ方法(小売・インターネット販売など)で入手し、残留農薬や成分表示の整合性、未承認医薬品の有無を調べるという手法をCLでは採用しています。
 
調査の結果はネット上で公表されますが、問題がある製品名、製造元は有料サイトのみに掲載されます。
 
つまり、品質テストに合格した製品名は全て無料で見ることができるわけですね。「これって大丈夫?」と思ったとき、ひとつの参考になるのではないでしょうか。
 
検証では、表示成分が全く含まれていなかったり、発がん物質が混入していた(!!)ケースもあったそうです。

服で紫外線対策

最近は服にもUVカット素材があるそうで。
 
普通の素材でも、ポリエステルは紫外線をさえぎる性質があります。
 
綿は紫外線を通しやすいですが、表面に凹凸があり、織りが密な布地を選べば紫外線が肌まで到達しにくくなります。

腹痛部位の違いと症状

胃潰瘍のときは食後30~1時間で痛くなることが多く、十二指腸潰瘍の時は空腹時に痛み、食事をとると痛みが軽くなる場合が多いです。
 
また、油ものを食べた後の右上腹部が痛むなら胆石症、お酒を飲んだ翌日に左上腹部が痛くなると膵炎の疑いがあります。