myimage-gakkariこれを書いているのは07年の7月17日。
 
前の記事を読んでみると、前回の釣行が6/28なので、もう三週間近く釣りに行っていません。
 
さすがに禁断症状が出てきました。

この記事を読んで下さるアングラーの中にも、長いこと釣りに行かないと禁断症状が出るケースはあるのではないでしょうか。
 
私の場合二週間ほど釣りに行かないと、次のような禁断症状が出てきます。
 
・ロッドを取り出し、うっとり眺める
この場合、ベイトロッドを見つめることが多い。固めの竿を意味無く曲げてみたりする。
 
スピニングを取り出したときは、ほぼ100%「エア・シェイキング」をしてしまう。
 
・ハードルアーを取り出し、もてあそびつつうっとり眺める
このときはミノー・クランクが多い。プレデターの重心を移動させて時を過ごすパターンは頻出。
 
スピナベのブレードを指ではじいて回転させることも多々ある。(かなり暗い)
 
ソフトルアーを独り指で弄ぶのはかなりアブない気がするので、さすがにやらない。手にオイルが付くし。
 
・とりあえず釣具屋にいく
釣具屋に行くと癒される気がするのは私だけだろうか。
 
お金を無駄遣いしてしまう確率が非常に高くなるのだが、ルアーのパッケージがズラッと陳列してある眺めはかなりの癒しである。
 
おそらく相当量のマイナスイオンが放出されているはず。(←ウソ)
 
 
今回はすでに上の二つが出ました。これを止めるには釣りに行くしかないのですが。
 
今週どうにか行けないかな。