myimage-nomal萩尾溜池はおそらく熊本で最もメジャーなバススポットです。
 
熊本のバスアングラーなら、一度は訪れているのではないでしょうか。
 
本来は農業用溜池で、上流の2つの池と合わせると西日本最大級の規模なのだとか。農業溜池なので水の増減は非常に激しく、ほとんど水たまり状態になることもあります。
 

このコンテンツでは萩尾溜池の概要と、私が考える有望ポイント、ルアーなどを紹介します。

萩尾溜池の概要 エレキでのボート釣りはOK 使用ルアーは

萩尾溜池のボート釣りでは、エンジンの使用は禁止されています。エレクリトックモーター(エレキ)のみ使用可能です。
 
萩尾溜池は以前、エレキでの釣りも禁止されていた期間があります。地元アングラーなど関係者のみなさんの努力でエレキ解禁になったのです。実にありがたいことです。
 
この場を借りて解禁に尽力された皆さまに感謝いたします。
 
個人的にはエレキ移動でちょうどいい感じ。エレキを使えるバススポットは熊本ではとても貴重です。今後も大事にしたいものです。
 
 
バスの平均サイズは小さめで、30cm弱といったところ。40cm後半を狙って釣るのは難しいと思います。(当人比)
 
 
熊本のバススポットとして歴史が古く、かつメジャースポットなので、人は多くプレッシャーはかなり高めです。
 
そのため、いきおい小さめのワームを使ったライトリグを使うケースが増えますが、早朝ではたま~にスピナーベイトでウハウハにハマる、という経験をしたこともあります。(ホントに滅多にないけど)
 
人は多いですが、小さめのルアーで然るべき場所で釣りをしてサイズを選ばなければ、初心者でも比較的バスを手にしやすいのではないでしょうか。ボトムを釣っても根がかりは少ないので、その点でも初心者向きです。
 
経験者を同伴すれば、かなりの高確率でバスを手にできると思います。
 
 
ネット上には、「萩尾でジョイントルアーを使って50アップ!」なんて書き込みも目にするので、プレッシャーは高くてもロマンを求めても意外とイケるフィールドなのかもしれません。
 
県外から熊本にバス釣りに来たなら、一度は訪れてみて下さい。可能ならアルミボートかフローターで。

萩尾溜池のポイント私見

これを書いているのは07年2月上旬で、実はこの時点でしばらく萩尾溜池には行っていません。
 
しかし、私がバス釣りを始めたのは萩尾であり、萩尾が無かったら私はバス釣りをやっていませんでした。ラバージグやスピナーベイト、クランクベイトといったルアーで釣る楽しみも知らないまま。
 
やや大げさかもしれませんが、萩尾は私の人生に大きな楽しみを与えてくれたフィールドなのです。
 
なのでしばらくご無沙汰とはいえ、萩尾のポイントについて書いてみます。
 
 
ものすごく大雑把に書くと、萩尾で私が好きなポイントは概ね”北側”です。
 
「とにかく釣りたい」「あわよくばデカいのを」のどちらの場合でも、とりあえず北側に向かいます。南東側(中堤とつながってるエリア)にはあまり行きません。
 
以下にまとめます。

萩尾溜池の有望ポイントと釣り方

萩尾に行ったら何はともあれチェックするのは、駐車場から真正面に見える北側のブレイクです。
 
ブレイク全域に石がゴロゴロと散らばっており、岸際には倒木などもあるのでどこかにはバスがいる・・・はず。
 
 
かなり距離がありますが、「どうすれば釣れるんだ?」という時は、端から端まで釣ってみる価値はあります。真冬以外のオールシーズンでおそらく1匹は釣れるのではないでしょうか。
 
 
このエリアはルアーの練習場としても最適です。広いので遠投力を鍛えてもいいし(周囲の人の迷惑にならないように注意)、ボトムにはほどよく障害物があるのでズル引きの習得にもピッタリ。
 
 
私はクランクベイトやバイブレーションを飛ばす練習をしましたし、ケイテックラバージグやテキサスリグのズル引きもこのエリアでかなり鍛えました。
IMG_1005
いずれもよく釣れてくれて、「こんな風にアタリがでるのか!」といい勉強になり、アワセや根がかり回避の練習もできました。
 
もちろん、ライトリグでもOK。初心者であればライトリグのほうがおすすめかもしれません。ダウンショット、ジグヘッド、スプリットなど、ほぼ全てのライトリグでイケるはず。(ノーシンカーはキツいかな?)こちらもいろいろ練習できるのです。
 
 
myimage-nomalボーズ寸前で「どうしよう・・・」というとき、私はこのブレイク全域をダウンショットで探ります。3インチくらいのワームを付けて、エレキorフローターで流すことでドラッギングするのです。
 
「ボーズはイヤだ~!!」というとき、このやり方はかなりの威力を発揮してくれます。サイズは選べませんが、この方法ならとりあえず釣れます。(真冬を除く)
 
ぜひお試しあれ。
 
 
ちなみに、この釣り方でダントツに釣れたワームがあります。
 
あまり知られていないかもしれないが、Brand E Collection(ブランド イー コレクション)というブランドのリングワーム(日本製)です。
 
 
萩尾は小さいワームであればあまり種類を選ばず釣れますが、このリングワームは目立って釣果が良かったのです。
 
(動画作りました)
 

 
このワームのスモークカラーを3インチくらいの長さにちぎってダウンショットで使うと、相当条件が悪くない限り「絶対釣れる!」と確信していたほど。
 
もしも私が、バスを一匹も釣っていない人のガイドをするなら、まずはこのワームを使ってもらいます。それくらい破壊力のあるワームなので、興味があったらチェックしてみて下さい。
 
 
北側のブレイクがイマイチのときは、北西側の三段ワンド(私の勝手な呼び名。駐車場から一番遠いところ)に向かいます。ここも粘ってみる価値はあります。
 
流れ込みがあるので、雨が降るとかなりおいしいポイントになります。チョロチョロと音がしていると、それだけで釣れるような気になるのです。
 
 
このエリアはいろんなルアーで釣れました。
 
ワームのライトリグはじめ、スモールラバージグ、小さめのスピナベ、フットボールラバジのズル引き、リトルマックスなど。
IMG_0670
なんとメタルジグでも釣れました。ホプキンス・ショーティーのゴールドで小さいやつ(確か1/4oz)で。萩尾でメタルジグを使う人はかなりまれだと思いますが、この時は運よく釣れてくれました。(サイズはものすごく小さかったけど。(´Д`)
 
季節は真夏、とても暑い日で風が強く、ボートをキープするのが大変でした。
 
このエリアの最も深いところの底までメタルジグを沈めて、リフト&フォールさせていたら釣れたのです。本来の使い方とは違うと思いますが、メタルジグで釣ったのはそのときが初めてだったので気分は最高でした。
 
このエリアのディープは根がかりの心配はほとんどゼロ(当時)だったので、トリプルフックのメタルジグでも思いっきり底をとっていました。
 
気分が変わってなかなか良いものなので、機会があったらお試しあれ。
 
 
もうひとつ覚えているのは、ベビーシャッド75SP(だったと思う)で40アップくらいのやつをかけたこと。意外と透明度が高かったのでミノーをトゥィッチングしてみたら、うまいことバイトしてくれました。
 
 
ところが寄せ方がヘタだったため、何と水中でバレてしまいました。ルアーがバスの口から外れるところまで目撃。その水深、2メートルくらいだったかな?
 
バスはしばらくボーッとしていましたが、どうしようもありませんでした。かなり太かったんだけどなー。萩尾はトゥイッチングで釣れる機会はあまり無いので、貴重な魚を逃がしてしまって残念。
 
 
こうしたいろんな思い出があるのも、このエリアでいろいろな釣りが楽しめるから。萩尾で釣りを釣るならぜひ一度訪れてみて下さい。

イマイチなエリア

萩尾溜池には「釣れそうだし、実際釣ったこともあるんだけど何故か苦手」というエリアがあります
 
それは東~南東部一帯の、中堤からの流れ込みがあるエリア。ほぼフラットなシャローが続き、増水の後に陸生植物がよく冠水してるところです。
 
 
ここは何となく雰囲気があり、中堤から以外にも流れ込みがありますが、どうもピンときません。釣ったことは何度もあるけれど、攻めた時間の割にはあまり釣果が上がっていない印象が強いのです。
 
しかし、初めてバスを釣った(スピナベで)のは、実はこのエリア。釣ったというより、バスがルアーをくわえてくれたのですが。
 
スピナベを水中に入れたまま後ろに進んでいたら、急にグッとロッドに重さがかかり、バスがかかっていたという、何とも情けない釣れ(?)方。
 
わけがわからないうちにバスが釣れたにせよ、うれしかったのは確か。その意味では思い出深い場所です。
 
 
また夏の雨の中、ドッグXジュニアで小バス(20cm以下…)が鬼のように釣れた思い出もあるし、ついつい向かってしまうエリアなのですが、どうもピンときません。
 
岸際には冠水植物があるので、巻き物を投げると草が付いてくるのでイマイチ。ジグヘッドリグやスモラバあたりをこの草にからめて誘う、なんて釣り方もあるのかもしれませんが。
 
仮にいま萩尾で釣り大会に参加することになっても、このエリアをメインに攻めることはなさそう。デカいのを狙いにくい気もしますし。
 
このへんは上手い人の意見をぜひ聞いてみたいものです。